TOP 会社概要 新工場 総経理挨拶 アクセス アルミダイカスト 設備・機器一覧表 お問い合わせ

 

1.新工場の概要


会社名 日比野鋳件(常熟)有限公司
(英文) Hibino Casting (ChangShu) Co., Ltd.
設立 2011年 6月8日
資本金 1500万USドル
投資総額 4500万USドル
売上計画 初年度(2013年) 7500万元/年間、 2015年(第一期完成) 14200万元
出資比率 日比野工業100%
代表者 董事長 伊藤和弘  
所在地 中国江蘇省常熟経済開発区亜太路6番(中国国家級工業園区) No.6,Yatai Road,Changshu,Jiangsu,China
敷地面積 50,002u
建築面積 事務所 2,121.2u、工場 13,593.15u(第一期工事), 15,252.2u(第二期工事)
従業員数 550名(2015年)
事業内容 自動車用アルミダイキャスト部品の生産・販売
稼働 2013年 1月 生産開始予定
主要設備概略 ダイキャスト機− 2013年 800トン 2台、 350トン 6台、 135トン 1台  合計 9台 
2015年 800トン 3台、 350トン 14台、 135トン 3台 合計 20台
機械加工機  − 2013年 MC等 96台
2015年     153台      

 

2.会社設立の背景


日比野工業(親会社)は、上海市青浦区に既に、ダイキャスト部門の日比野圧鋳造有限公司
及び機械加工部門の日比野金属製品有限公司の2拠点にて、2001年より生産しております。
近年、日系自動車メーカー様は、中国現地での部材調達など、現地生産化を進めています。
中国自動車市場は昨年1800万台超の販売の世界一となり、今後もその成長が期待されて
おります。
このような状況のもと、現状での上海での2拠点では今後、生産能力が不足する事から
中国江蘇州常熟市にて新たな工場稼働を決定致しました。
この常熟市の新工場と現有の上海市青浦地区の工場は80km程離れております。
現行の上海地区の工場との棲み分けは、上海工場にて非自動車部品を生産継続して
新たな常熟市にて、自動車部品の生産を集約する予定です。

 

3.今後の予定


今回の常熟市での新会社にて中国市場での自動車部品のアルミダイキャスト部品の、
生産拡大の拠点とし、現行の上海工場と共に、中国に於ける電動工具等の非自動車産業
及び自動車生産の拡大に伴う、アルミダイキャスト部品の需要への供給体制を
整備して参ります。

 

 

(c) 1995-2012 Hibino Co.,Ltd.All rights reserved.